自己診断機能

フットスキッパーには 対象者自身がまだ気付いていない身体の弱っている部位を探しだす「自己診断機能」も備わっています。

自己の弱っている部位が分かることにより、集中的に治療することができます。
自分で気づかない 弱っている個所が分かるため、未病のうちに対処することも可能です。
この機能も特許を取得しております。
約3か月ごとに自己診断を行い、弱っている個所の通電を集中的に続けると、弱っている部分はもちろん 全身の体調が改善します。

「足の裏は内臓の鑑」

「足の裏は内臓の鑑」と言われるように 身体中のツボ、経絡が集中しています。
自己診断機能で探し出した足裏のツボに電気刺激を与えることによって 間接的に弱っている器官を刺激することができます。【特許0002引用】
ツボの刺激により機能回復が図れます。